FXテクニカル分析ATR|1000通貨・手数料無料のFX小額投資

FXテクニカル分析ATRに関する記事です。

 
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小額トレードができるFX口座

FX初心者の場合は、通常の1/10以下のポジションサイズ(=0.1枚単位)で取引できるFX口座の利用がおすすめです。

SBI FXトレードの場合、100通貨単位からのトレードが可能です。もちろん、1000通貨でも10000通貨でもトレードができます。

スワップも高水準

SBI FXトレードは、毎日発生するスワップポイントも高水準です。というわけで、管理人も、SBI FXトレードを利用しています。

詳細はこちら 詳細 1ドルからFX!?SBIFXトレード
スポンサー広告 | FX小額投資navi
2013/01/09(水)

MT4のおすすめインジケーター

FXのテクニカル分析用のチャートツールMT4(Metatrader4)のおすすめインジケータをいくつか紹介していこうと思います。MT4は、国内外のさまざまなFX業者が採用しており、デモ口座を開設すれば無料で使えます。

インジケータの概要

ATR(Average True Range)は、「本当の値幅」という意味のボラティリティ系インジケータです。一定期間における値幅を、移動平均化して表示します。 atr

ATRの使い方

ATR(Average True Range)は、一般的には、損切りと利確の数値を決めるために使われるようです。相場の変動幅に合わせて損切りと利確の数値を決定する、というのは合理的な考え方かと思います。

トレンドフォローに有効

一方、変動の値幅が大きい(ボラが大きい)ということは、トレンドフォローがしやすいということでもあります。つまり、トレンドフォロー手法のインジケータとして有効利用できるということです。例えば、ATRが一定数値以下の場合は、エントリーを見送り、というフィルターとしての使い方もあります。

パラメータの設定

パラメータの初期値は14です。管理人の場合は、パラメータの設定を10~25前後にして、1分~1時間足に表示させて使っています。東京、ロンドン、ニューヨークタイムなどの時間帯におけるボラティリティの特長などを観察すると、ヒントが見つかるかもしれません。
FXテクニカル分析ATRについての投稿は2010年8月1日の記事を再投稿しました。

小額トレードができるFX口座

FX初心者の場合は、通常の1/10以下のポジションサイズ(=0.1枚単位)で取引できるFX口座の利用がおすすめです。

SBI FXトレードの場合、100通貨単位からのトレードが可能です。もちろん、1000通貨でも10000通貨でもトレードができます。

スワップも高水準

SBI FXトレードは、毎日発生するスワップポイントも高水準です。というわけで、管理人も、SBI FXトレードを利用しています。

詳細はこちら 詳細 1ドルからFX!?SBIFXトレード

BLOG MENU 1000通貨単位&手数料無料のFX

この記事へのトラックバック

3ZT2l7A5
ご存知?もうひとつのフェイスブック
OtherFace
http://5AwjK9g8.otherface.info/5AwjK9g8/

2013.02.07 16:39 URL | 情報通 #CLu7u9Fc [ 編集 ]

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
こちらから1000通貨単位&手数料無料 FX小額投資naviのTOPへ戻ります。
このページはFXテクニカル分析ATRに関する記事です。
ブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録

copyright (c) kabu1fx.blog54.fc2.com All right reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。