為替デリバティブ問題|1000通貨・手数料無料のFX小額投資

為替デリバティブ問題に関する記事です。

 
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小額トレードができるFX口座

FX初心者の場合は、通常の1/10以下のポジションサイズ(=0.1枚単位)で取引できるFX口座の利用がおすすめです。

SBI FXトレードの場合、100通貨単位からのトレードが可能です。もちろん、1000通貨でも10000通貨でもトレードができます。

スワップも高水準

SBI FXトレードは、毎日発生するスワップポイントも高水準です。というわけで、管理人も、SBI FXトレードを利用しています。

詳細はこちら 詳細 1ドルからFX!?SBIFXトレード
スポンサー広告 | FX小額投資navi
2011/12/10(土)
リーマンショック以降、円高関連ニュースの中に、企業の為替デリバティブ損失や、自治体や大学の仕組み債購入による損失についての記事があるのを見かけます。何のことかとネットで調べてみると、資金運用に関しては素人同然の企業や自治体などに、理解しにくい金融商品が販売されている実態が分かってきました。

多くがリーマンショック前に販売

2011/3/11に、金融庁のHPで、中小企業向けの為替デリバティブ取引状況に関する調査の結果についての速報値が公開されています。これによると、合計では63,700件の為替デリバティブ契約が販売されています。販売数が多かったのは、リーマンショック前までで、それ以降は、大幅に減っています。

損益の実態

「主要行等が中小企業に対して販売した契約のうち、集計可能なもの」については、トータルで1400億円の損失が発生しているようです。

社会問題化?

上記の集計はドル円のみですから、実態はもっとかさ上げされていると考えられます。為替デリバティブや仕組み債を販売した金融機関に問題があるとされると、サラ金や商工ローンの大手を破綻させた過払い金返還請求並みの問題になるのかもしれません(※中小企業については、「ひまわりほっとダイヤル」というサイトで、為替デリバティブ損失に関する無料相談を受け付けています。

円安対策だった

為替デリバティブが販売されていた背景には、リーマンショック前は、円高よりも円安を避けるのが目的だったというのがあります。当時は円キャリートレードが全盛期でしたので、現在のような円高になるのは、多くの人が想定していなかったのかもしれません。

続く

小額トレードができるFX口座

FX初心者の場合は、通常の1/10以下のポジションサイズ(=0.1枚単位)で取引できるFX口座の利用がおすすめです。

SBI FXトレードの場合、100通貨単位からのトレードが可能です。もちろん、1000通貨でも10000通貨でもトレードができます。

スワップも高水準

SBI FXトレードは、毎日発生するスワップポイントも高水準です。というわけで、管理人も、SBI FXトレードを利用しています。

詳細はこちら 詳細 1ドルからFX!?SBIFXトレード

BLOG MENU 1000通貨単位&手数料無料のFX

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
こちらから1000通貨単位&手数料無料 FX小額投資naviのTOPへ戻ります。
このページは為替デリバティブ問題に関する記事です。
ブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録

copyright (c) kabu1fx.blog54.fc2.com All right reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。